呼吸する家

木材の特性を生かした「呼吸する家」

木材の持つ吸放湿力を活かし、エアコンを使わなくても、まるで家が自然に呼吸をしているかのような健康的で快適な湿度コントロールを実現する木造住宅「呼吸する家」のご紹介です。

快適湿度へ導く木材の力

建築における省エネ事情

わが国では、エネルギー消費量の3割以上を住宅、建築部門が占めています。いま政府が進めているのは、住宅の省エネルギー対策の強化です。そこで、住宅の高気密高断熱化がより一層進むようになりました。又、居住環境をより改善しようと、セントラル換気システムや全館空調システムを採用する住宅会社も現れてきました。確かに、高気密高断熱な住宅は省エネになり夏涼しく冬暖かい快適な家になります。居住環境が改善されることで、住む人の健康にも良い家となることは、様々な研究で実証されてきています。しかしそれらの建築費用は一般の工務店で坪単価が65万円以上であったり、ハウスメーカーに至っては、坪単価が80万円から100万円程しているのが現状です。ハイテクノロジーでハイメンテナンスで手間が掛かりかつハイクオリティーな住宅がハイコストで建築されています。ほとんどの高気密住宅はベーバーバリアで建物をスッポリ包んでしまう工法を採用しています。

ベーバーバリア

ベーバーバリアとは、壁内結露を防止するためのビニールシートでビニールクロス同様、湿気や化学物質をほとんど透さない素材です。よって高気密高断熱な住宅は、室内が乾燥しやすく過乾燥の状態になりやすい家です。又、同時に構造躯体である木材の呼吸=調湿性を損なう家づくりにもなっています。

健康に過ごせる快適な湿度とは

日本の夏は気温が35℃、湿度が85%と高温で蒸し暑くとても不快指数が高くなります。一方冬は気温0℃、湿度22%で極端に乾燥していて、肌のトラベルやのどや鼻の粘膜が乾燥してしまい、風邪やウイルスに対する防御も充分出来なくなります。室内の湿度は40%~60%が理想と言われていますが、湿度が高すぎるとカビやダニの発生しやすい環境になっています。又、乾燥しすぎるとインフルエンザウイルスの生存率が高くなります。梅雨時に湿度を下げると涼しく感じるように(クーラーの除湿モード)室温が28℃でも湿度が50%程度であれば快適に感じるようになります。又、冬期外気の湿度が20%~25%程度の乾燥された状態で湿度が低く寒く感じますが、室温が22℃程度でも湿度を50%に保つことができれば暖かく感じるようになります。湿度を40%~50%程度に維持することは、人の健康と家の長寿命化、そして省エネルギーの貢献につながることでしょう。

湿度をコントロールする家

木材は周囲の水分を吸放出して自らの水分を一定に保とうとする性質があります。室内が乾燥すれば水分を放出して加湿します。結露しそうになれば吸湿してくれます。つまり、室内の湿度を一定に保つよう加湿と除湿を自動的に行ってくれる天然の装置です。35坪程度の2×4住宅には、材積で14㎥、重量にして7トン程の人工乾燥された木材を使用しています。又、呼吸する断熱材を約1トンも使用しています。この断熱材の保湿能力は約300㎏(300ℓ)もあり、外で雨が降って湿度が100%でも室内は70%以下におさえてくれる優れものです。人にも潤いがある肌が良いように、ほどよい湿度が必要です。構造材が呼吸出来る内装材を使うことで壁内結露の防止にもなり、室内と構造躯体が共に適度な湿度を維持できるようにします。あまり機械に頼らないで快適な住環境をつくり出す家。ローテク、ローメンテナンスでハイクオリティな住宅を本体価格 坪単価45万円(税別)とローコストで提供出来るよう努めております。

弊社モデルハウスにて、季節や天気による家の中の湿度の変化の実験を行いました。雨の日も乾燥時も、見事に湿度を40~60%にコントロールしています。これは木材の調湿性によるもので、室内の湿度が高くなりジメジメしてくると湿気を吸収し、反対に室内が乾燥してくると放出する、湿度の変化を緩和する性能です。湿度をコントロールすることで、結露の防止やカビの防止など、生活空間を快適にし、健康な暮らしへと導きます。


無垢の木の力

①快適さ
木の香りは人のストレスを緩和してくれます。芳香成分は精油と呼ばれ鎮静効果があるほか、消臭・防ダニ・防かび・抗菌作用などがあります。木の香りで血圧が下がるなど、快適さが科学的実験によっても実証されています。
②調湿性
木には調湿性能があります。生育中の木には水分が多く含まれますが、切り倒して大気中に置くと徐々に乾燥していきます。含水率が10〜15%になると木は安定し、住宅の材料として使えます。安定した木には吸放湿力があり、湿度を一定に保つ働きをします。梅雨どきは湿気を吸収し、乾燥した冬は湿気を吐き出してくれるのです。温暖多湿な日本の気候には、木が最も適した建築材料です。
③暖かさ
公園にある木と鉄のベンチでは木のほうが暖かいですね。人は熱伝導の大小で「冷たい」「暖かい」を感じます。熱伝導率がコンクリートと比べ約10分の1の木は暖かい素材です。暖かく柔らかい木の床は足に負担をかけないため素足で歩きたくなります。
④音の響き
床や壁に使われる木は音を適度に吸収するため、程よい残響時間を保ち、話し声や物音がまろやかに聞こえて心が安らぎます。
⑤燃え広がりにくい
木は燃えるイメージがありますが、燃え始めると表面が焦げて炭化層をつくり、火の進行を止める役割をするため、火災でも急激に強度が低下することはありません。
⑥腐りにくい
木は腐るイメージがありますが、木が腐る条件は湿度・水分・酸素の三要素。水上都市ベネチアを支える木杭は海中深くにあり、酸素に触れないため腐りません。しかし人が生活するには酸素が不可欠。そこで木の腐れを防ぐ一番の方法が水分の管理です。よく乾燥した木を使い適切にメンテナンスを行なえば、木の家は長寿命です。
⑦環境に優しい
CO2排出量の削減が求められています。樹木は光と水とCO2から光合成により成長し、木材には二酸化炭素が蓄えられます。木はCO2を増やさない再生可能な資源ですから、木を使うことが地球温暖化防止に貢献しています。